紛争解決

 

紛争解決チームは特許、商標、意匠の弁理士チームを補佐するために、英国内のIP関連のすべての紛争事案に関する助言のほか、多国間紛争に対する戦略もご提案いたします。

紛争解決

紛争解決は、私共の弁理士の日常業務の多くに一般的に含まれており、特許弁理士は日常的に複雑な特許異議申立を扱い、商標弁理士は商標異議申立、取消訴訟、和解の扱いに慣れています。しかしながら、訴訟事案がエスカレートした時、特に侵害訴訟が起こされた時には、紛争解決チームが介入します。

知的財産権の侵害への対処

紛争解決チームは、広範囲にわたる技術的背景を持つ特許商標意匠専門スタッフとIP専門の事務弁護士で構成されています。チームのメンバーは全員が公認の事務弁護士であるか、特許訴訟代理人資格を取得済みもしくは取得予定です。

紛争解決チームは、多くの様々なお客様に対し、お客様の知的財産権の侵害が疑われる場合にどのように対処すべきかについて助言を行います。また、第三者による侵害の訴えも数多く取り扱っています。

紛争解決チームの目的は、このような事件をできるだけ円滑に、お客様にとって最善の結果が得られるように解決することです。

IP訴訟-裁判手続

解決が不可能である場合、紛争解決チームは、訴訟前手続と裁判手続を含めた訴訟関係の事柄すべてを独自に扱うことができます。

このチームの主要メンバー、ステーブン ハドソン(Stephen Hodsdon)は、ロンドン有数のIP関連の法廷弁護士事務室のひとつにおいて法廷弁護士の訓練を受け、IP訴訟のあらゆる面で多くの経験を積みました。2014年に上級裁判所法廷弁論資格証明書(Higher Courts Advocacy Certificate) を取得し、特許裁判所(高等法院)、知的財産企業裁判所(Intellectual Property Enterprise Court) (IPEC)を含む、すべての関係裁判所と、特許裁判所またはIPECからの控訴審における完全な法廷弁論権を得ました。

特に多くの資源が必要となりうる案件等、場合によっては、弁護士事務所へのご相談をお勧めすることがあり、その場合は相談先として適当な事務所をご紹介できるほか、もちろん私共が引き続き、訴訟全体を通じてプロが扱うべき事柄をご支援させていただくことも可能です。

事務弁護士に対するIPスペシャリストによる支援

私共の弁理士の多くは、より大きな訴訟チームの支援に関わっており、先行技術調査および鑑定人の意見書の作成と分析等の領域で専門家としての技術支援をいたします。