法務サービス

 

ミューバン・エリスにおいて、法務サービスチームは私共の誇りです。このチームの適切な資格を有する事務弁護士は知的財産事案についての助言、お客様の知的財産権の事業化の支援、そして知的財産に係る複雑な取引の扱いにおいて、豊富な経験と専門知識を持っています。

法務サービス

私共の弁護士は、明瞭で明快な商業的助言、すなわち企業目標達成に資する助言を行うことができ、また様々な企業および訴訟活動の支援が可能であり、知的所有権取引に関する助言とこのような取引の記録において豊富な経験を持っています。

 複雑なIP訴訟の商業的観点から見た洞察

法務サービスチームのリーダー、ショーン ジャウス(Sean Jauss)は、発生しうる複雑なIP訴訟に関する法務、技術、商業面での見識の提供にきわめて適格です。微生物学博士号を有し、大学技術移転事務所と多忙な個人事務所を経営していた経験もあります。IP弁護士としての営業を開始して以来、多くのSMEと一流企業に対し、莫大な金額の業務提携およびライセンス契約に関する助言を行っています。また、M&A、スピンアウト、MBOからベンチャーキャピタルインベストメントと新規株式公開に至る様々な企業活動も支援しています。Chambers and PartnersとThe Legal 500の両方で2015年の著名な弁護士に選ばれたほか、2015年のCorporate International Legal Awardでは“Corporate IP Rising Star of the Year in England”に名前が挙げられたショーンはまさに、「チームに一人欲しい人物」です。

知的財産権の事業化

法務サービスチームは現実的な商業感覚を持ち、それがお客様から高く評価されています。この感覚と法律および技術面の能力との組合せこそ、私共が的確で有益な助言を低料金でお届けできる理由です。担当弁護士の助言は商業的および技術的目標の達成を実質的に助け、推進できるものであるため、お客様には常にご安心いただけます。

様々な法的事項に関する助言

私共は通常、次のような様々な法的事項についてお客様に助言させていただいております。

  • 知的財産権の問題、IPライセンスおよびその他のIP関連契約の有効性と効力に関する助言と、契約上のFTOに関するご質問への回答
  • IPの売買に関する、または資金調達、IPOまたはM&A活動に関するデューディリジェンスレポートの作成または検討
  • 知的財産権の活用と事業化の面での価値を最大限にし、リスクを管理するためのIP取引の構築
  • ライセンス、譲渡、パイプライン契約、利益分配契約、販売契約、代理店契約、製造および供給契約、オプションおよび先買権を含む、IPの評価、購入、売却、またはその他の事業化に関わるすべてのIP契約に関する助言と書類草案作成
  • 新製品または新プロセスの創造と評価、例えば共同研究開発、物質移動合意書、研究契約、贈与契約、研究段階での評価、パイロットプロジェクト、臨床試験、委託研究およびインフォームドコンセント契約によるものを含めたIPの保護、開示、情報流布に関するあらゆるIP契約書に関する助言と草案作成
  • 機密情報の保護
  • 知的財産権に関する独占禁止法の問題に関する助言
  • データおよび市場独占性、人体組織法、先端医療医薬品を含む知的財産に係る生命科学関連法規の問題に関する助言
  • IPクリアランス調査および分析サービス
  • IPポートフォリオの管理
  • IP方針、発明開示プロセス、特許出願方針と手順の決定と維持