IAM PATENT 1000

 

ミューバン・エリスは、「IAM 1000:世界を代表する特許従事者」で、特許出願手続きの分野における当事務所の専門知識を評価され、強い推薦を受けると共に、「幅広い技術の専門知識、効率的な手続きと、素晴らしい弁理士」を認められました。

IAM PATENT 1000

<Back

ミューバン・エリスは、「IAM 1000:世界を代表する特許従事者」で、特許出願手続きの分野における当事務所の専門知識を評価され、強い推薦を受けると共に、「幅広い技術の専門知識、効率的な手続きと、素晴らしい弁理士」を認められました。

鉄壁の特許作成を正確に行い、EPOへの異議申立に対処し、有利な合意の仲介を行う

代 表的なものとしては、浄水装置の発明に関する特許ポートフォリオの作成において最近行ったAquaporin A/S の代理業務、胃腸の出血を検出するための個人向け試験器具をサポートする電気化学装置の出願におけるMode Diagnostics への助力、欧州特許庁審判部におけるNapier Turbochargers の欧州特許に関する防御などが挙げられます。

個人的に取り上げられて賛辞を受けるパートナーたち

スティーブン・ギル(Stephen Gill) の広範囲にわたる実務には医療技術、機械工学、運輸などの領域が含まれています。サイモン・キドル(Simon Kiddle) は、「あらゆる種類の特許事項に臆せず取り組むやり方、問題解決能力、前向きな姿勢、複雑な問題に対する戦略的な処理」などを推薦されています。ブリストルとケンブリッジにそれぞれ拠点を置く生命科学部門の達人、 クリス・デニソン(Chris Denison) とショーン・ウォルトン(Seán Walton) は、多国籍製薬会社、米国の大学、研究機関、多くの外国企業から根強い人気があります。ニック・サトクリフ(Nick Sutcliffe) は、生命科学の分野で2人と共に働き、バイオ技術、農学、環境保全技術などを得意としています。 ロバート・ワトソン (Robert Watson)は、BRCA遺伝子変異進行卵巣癌に関して米国と欧州で最近承認された抗癌剤Lynparza(日本名:オラパリブ)に関連した特許ポート フォリオについて、AstraZeneca の傘下企業であるKuDOS Pharmaceuticalsに助言を行ってきました。サイモン・クレマー(Simon Kremer) は、神経変性疾患のためのWisTaの治療に関する特許戦略の策定に従事しています。

EPOにおける認知

また私どもは、欧州特許庁ランキングでも最高の「ゴールド」階級に位置づけられたことを嬉しく思います。最高ランクに入った中で英国事務所は2つだけですが、当事務所はそのうちの1つです。  特に当事務所の2人のパートナー、 サイモン・クレマー(Simon Kremer) と ジェレミー・ウェブスター(Jeremy Webster) が個人的に推奨される弁理士の最終選抜候補として取り上げられていたことは喜びです。

「IAM 1000: 世界を代表する特許従事者」の推奨についての全文は こちらで見られます。