スタッフ紹介

 

エリオット ウォード

Partner, European Patent Attorney

London

エリオット ウォード
エリオット ウォード

生命科学特許チームに所属し、バイオテクノロジー分野を担当。

主な専門分野は:

  • 分子生物学
  • 生化学
  • 免疫学
  • レンチウイルスおよび他の遺伝子治療ベクター
  • 治療学
  • 診断薬
  • タンパク質工学

国内外のクライアントのための出願書類草案の作成および異議申立手続(異議申立人側および特許権者側両方)の経験を有する。

ケンブリッジ大学で薬理学を専攻し、自然科学の学士号を取得。学部卒業後、オックスフォード大学およびインペリアル・カレッジ・ロンドンで合計2年間、C型レクチンなどの先天性免疫受容体の生化学を研究。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンでの博士課程のテーマは、HIVベースのウイルスベクターを使用した抗原提示細胞内で重要な免疫原性ペプチドを放出するように設計された新規融合タンパク質の発現。細胞内放出により、ペプチドが寛容原性な様式で提示され、マウスにおける自己免疫が減少したことを確認した。

ミューバン エリスには2011年に入社し、2015年に欧州特許弁理士、2016年に英国特許弁理士に登録。2019年にパートナーに昇格。

t: +44 (0)20 7776 5300
e: eliot.ward@mewburn.com
View エリオット ウォード's profile on LinkedIn

Related Sectors