スタッフ紹介

 

ニック サトクリフ

Partner,

Cambridge

ニック サトクリフ
ニック サトクリフ

生命科学特許チームに所属し、医薬品、バイオテクノロジー、農業科学、クリーンテック分野での経験が豊富である。

2012、2013、2014年度版の IAM Patent 1000における「世界で最も実力のある弁理士」の特許出願部門で“Recommended”(推薦)の評価を受ける。2014年には IAMから、「ニック サトクリフは特許出願書類の作成とデューディリジェンス調査の実行と共に、世界規模の出願戦略について助言する」と評された。

個人として、Managing Intellectual Property’s IP Stars 2014年と2015年の中で“IP Star”に、またLMG (Legal Media Group) Life Sciences Europe 2014ガイドでは“Life Science Star”に選ばれた。

主に出願書類草案の作成と出願業務および出願戦略と世界的ポートフォリオ管理に関する助言を行う。防衛的および攻撃的欧州異議申立とデューディリジェンスの業務の経験も豊富である。担当クライアントは、英国の大学、慈善団体、SME、および直接取引による外国のクライアント等。

ブリストル大学で生化学修士号、レスター大学で生化学博士号を取得。博士課程のテーマは、骨髄腫細胞内の高発現調節因子のクローニング。分子生物学とタンパク質工学、特にバクテリア遺伝子増幅と組み換え融合タンパク質発現に関する様々なプロジェクトを手掛ける業界において研究者として3年間活動。

ミューバン エリスには1997年に入社し、2001年に英国特許弁理士と欧州特許弁理士に登録。2003年にパートナーに昇格。

t: +44 (0)1223 420383
e: nick.sutcliffe@mewburn.com