スタッフ紹介

 

レイチェル オクスレイ

Partner,

London

レイチェル オクスレイ
レイチェル オクスレイ

化学および材料と工学特許チームに所属し、運輸、医療工学、食品飲料、工業化学、クリーンテックをはじめとする多数の業界における業務経験を有する。

主として原出願の草案作成、出願、異議申立、鑑定業務を扱う。担当クライアントは英国の大学、英国系SME、国内外の企業等。

ダーラム大学で化学の学位とポリマー科学の博士号を取得。博士課程のテーマは、生体医療応用のための電歪ポリマー。大手医薬品会社の分析化学部門に勤務した経験を有する。

ミューバン・エリスには1998年に入社し、2002年に英国特許弁理士と欧州特許弁理士に登録。オーストラリア特許制度の下で約2年間、実務を経験し、オーストラリアとニュージーランドの特許出願および異議申立を扱う。2006年の初めにミューバン・エリスに戻り、2007年にパートナーに昇格。

現在もオーストラリアとのつながりを持ち、クライアントを訪問しているほか、オーストラリア特許商標弁理士協会(Institute of Patent & Trade Mark Attorney of Australia) の年次総会に出席。また、アジアを頻繁に訪問して、毎年 APAAにも出席しており、その中でインドと台湾の弁理士との面会に特に強い関心を抱いた。

t: +44 (0)20 7776 5300
e: rachel.oxley@mewburn.com