スタッフ紹介

 

サイモン クレマー

Partner,

London

サイモン クレマー
サイモン クレマー

主として生命科学特許業務を扱い、農業科学、医療技術、クリーンテック、医薬品、バイオテクノロジー業界での経験が豊富である。

2012、2013、2014年度版のIAM Patent1000における「世界で最も実力のある弁理士」の特許出願部門で”Highly Recommended”(強く推薦)の評価を受けた。また、EPO出願部門でも「その第一級の実績が全大陸の賞賛の的となる欧州特許弁理士の一人」に選ばれた。

2014年に IAMは次のようにコメントしている。バイオテクノロジー分野の異議申立に関して明敏で経験豊富な、常に一流の実務者」であるサイモン クレマーは、ますます注目を集めている。「米国での保護の問題に関するその知識を考えれば、とりわけ群を抜いた存在である」

Chambers & Partner 2014で推薦され、「サイモンは、特許の基礎となる科学の『理解力・把握力』が依頼主から信用されている」と評された。

主にEPOに対する特許出願書類作成、出願、異議申立、審判請求と各種のデューディリジェンス業務を扱う。米国出願の経験も豊富であり、USPTOでの審査官との面接にも何度も出席している。

担当クライアントは、個人発明家、大学、中小企業、技術移転組織、研究委員会、多国籍企業等。

英国特許弁理士会生命科学委員会(Chartered Institute of Patent Attorneys Life Sciences Committee)および生命科学知的財産レビュー編集委員会(Life Sciences Intellectual Property Review Editorial Board)のメンバー。

ブリストル大学で生化学の学位を取得。博士課程のテーマは酵素学。

1992年より政府の知的財産部門に勤務した後、ミューバン・エリスに1997年に入社。1997年に英国特許弁理士、1996年に欧州特許弁理士に登録。1999年にパートナーに昇格。

 

t: +44 (0)20 7776 5300
e: simon.kremer@mewburn.com