スタッフ紹介

 

ウィラム ウィテンバーグ

Partner,

London

ウィラム ウィテンバーグ
ウィラム ウィテンバーグ

化学および材料特許チームに所属し、とりわけ医薬品分野を担当し、特にがんおよびウイルス感染の様々な指標のための小分子モジュレータに関する研究を幅広く経験した。また、工業化学の領域においても、バイオセンサに用いる医薬品とポリマーの除放型調剤のためのポリマーを含む有機ポリマー分野の業務を経験。

Chambers & Partners 2014において推薦され、「ウイルヘルム ウイテンバーグは、『化学分野の問題を把握してその要点を掴むのに非常に長けている。』 医薬品およびポリマー特許に関するその業務は高く評価されている」と評された。

担当クライアントは、英国慈善団体と大学およびそのスピンアウトのほか、米国と欧州の大手多国籍企業等。

2004年からCEIPI (Centre d’Études Internationales de la Propriété Intellectuelle) の講師を務め、現在もストラスブールにおいて欧州特許弁理士志望者に対する講義を毎年実施。

クイーンズ大学(カナダ)で化学の学士号、ケンブリッジ大学(英国)で化学の博士号を取得。また、スタンフォード大学(米国)のポストドクター特別研究員を経て、特許法におけるキャリアをスタートさせた。

米国特許弁理士として5年間働いた後、ミューバン・エリスに1999年に入社し、2004年に英国特許弁理士、2005年に欧州特許弁理士に登録。2005年にパートナーに昇格。

t: +44 (0)20 7776 5300
e: wjw@mewburn.com