資料

 

以下の日本語の資料がお客様にとってご参考となれば幸いです。他の資料は英語のウェブサイトに掲載されています。

 
資料

欧州特許トレーニングコース(2018年6月4~15日)

欧州特許法と実務に関する2週間のトレーニングコースを提供します。本コースは、日本を含むアジア各国の特許事務所または企業の知財部に勤務する実務者を対象とします。本コースは、知的財産の他の側面に関する任意参加のセミナーも含みます。

Article: Japanese patent attorneys working abroad

ミューバン エリスの化学および材料特許チームに所属する日本国弁理士であるアソシエイトの武田恵枝が執筆した海外で働く日本国弁理士についての記事が、日本弁理士会の会誌「パテント」8月号に掲載されました。ここに掲載した記事は「パテント」誌からの転載です。

ドイツの補償ガイドラインの原則に応じた発明者の補償

ドイツの法律の下で非常に複雑な補償金の計算についての基本を説明します。

英国商標異議申立制度

英国知的財産庁における商標異議申立制度の概要を説明します。

ドイツにおいて特許出願の審査を遅らせる方法

ドイツ特許商標庁は、出願人が審査請求するまで審査を開始しないことから、戦略的に審査を遅らせることが可能です。

欧州連合商標法の改正(2017年10月1日施行)

2017年10月1日に欧州連合商標法の改正があります。主な改正として、写実的表現の要件が廃止され、新たなEUの証明商標制度が導入されます。これにより、商標法の下で保護される権利の拡大が期待されます。

欧州統一特許裁判所からのオプトアウト(適用除外)

このページは、統一特許裁判所のオプトアウトがどのように機能することが期待されているか、オプトアウトの可能性のある利点と欠点のいくつかの見解を簡潔に示しています。

イノベーションの最前線に150年

27歳のJohn Clayton Mewburnが1867年に知的財産の事業を開業したとき、彼は革新を受け入れる先見的な事務所への道に迅速に向かいました。150年にわたり、ミューバン エリスは革新の最前線で発明を保護し、クライアントの問題を創造的に解決し、知的財産業界の国内および国際的な発展において主導的役割を果たし続けています。

登録共同体意匠

欧州連合商標法の改正

新たなEU規則の施行に伴い、2016年3月26日に欧州連合商標法の大幅な改正があります。

Euro-PCT出願による欧州特許の取得

PCT欧州域内移行出願:EPO以外の機関がISAとして行為する場合の初期段階手続き

欧州特許制度の概要

欧州特許制度は、簡単に、しかも安価に欧州特許条約(EPC)加盟国で特許を取得することを狙った出願の1つの選択肢です。

欧州連合商標(EUTM)

特許付与手続