特許-化学および材料

 

有効な特許保護には、科学の正しい理解が必要です。ミューバン・エリスは、担当分野に対して純粋な学術的興味を持つ人員を採用しており、弁理士の半分以上が博士号保有者です。

特許-化学および材料
Back

私共は化学のあらゆる領域で活動しています。医薬品チームが当該分野における世界的リーダーであると評価されていますが、工業化学と農業科学の分野でも多くの成功を収めており、その成功は私共のチームの能力によるものです。弁理士の全員が化学または材料科学の学位を持ち、この分野を担当するパートナーの約3分の2が博士号を保有しています。

医薬品および化学薬品会社の知的財産

ミューバン・エリスは様々なお客様とのお取引に慣れています。業務のご依頼主の多くは医薬品および化学薬品会社で、その中には日系企業も含まれます。私共は、予算やビジネス上の要求事項に合うようにアプローチを調整できます。

工業化学チームは、ポリマー、接着剤、コーティング、機能性材料、触媒、洗剤を含む化学製品全般を取り扱います。

私共はこれらのお客様のための特許権取得と、必要であれば特許異議申におけるご支援と、また、第三者の権利が障害となる場合の攻撃的な異議申立におけるお客様へのご支援も提供いたします。

SPC取得を担当する経験豊かなチーム

医薬品化学を専門とする特許弁理士と並行して、補充的保護証明(Supplementary Protection Certificate)の取得を担当する経験豊富なチームがあります。このSPCは、医薬品または植物保護製品に含まれる特許有効成分の保護を拡張するものです

化学系ナノテク分野のほか、食品飲料およびクリーンテック分野を担当する強力なチームがあります。これらのチームの弁理士は、このようなエキサイティングな分野に純粋に興味を持ち、最新の技術革新を常に把握しています。民生機器分野を担当するチームには多数の化学特許弁理士が所属し、ありとあらゆる家庭用洗剤と美容製品に関する特許出願の草案作成と出願手続を手掛けています。

化学および材料特許弁理士は、知的財産権に関わる複雑な取引の処理の支援と法規の面からの助言が可能な法務サービスチームによりサポートされています。また、訴訟事案が発生した場合には、紛争解決チームのサポートも受けられます。

化学および材料特許サービス

私共のサービスは、次のような化学および材料科学特許の取得と行使に関する事項のすべてを網羅しています。